20世紀末GAME少年の詩

世にはびこれゲームおっさん!



スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鋼の錬金術師 翔べない天使 Intoroduction  

hagaren1.jpeg
「こんな牛から分泌された白濁色の汁なんぞ飲めるかー!!! 」
とか言ってたね、この主人公・・・
amarec20160916-212711.jpeg
■2003年12月25日発売 ■PlayStation2 ■スクウェア・エニックス

月刊少年ガンガンで連載されていた荒川弘の漫画「鋼の錬金術師」、PS2でのゲーム化第1弾。
第1期アニメが放送されていた頃に発売された作品ですね。

amarec20160916-212654.jpeg

オープニングムービーには、アニメ第1期エンディングテーマ「消せない罪」が流れます。懐かしい・・・見覚えがある映像です。

ゲームシステム

amarec20160916-213851.jpeg

ジャンルとしてはアクションRPG、敵を倒していけば経験値が入ってレベルが上がる。ただ、ステータスの上昇はメニュー画面から自分で振り分けるタイプ。基本エドを操作でアルがサポートに入る感じなんですが、ステータスで振り分けるポイントは共有なんで、バランスよく振るか、エドに全振りするか迷う。

amarec20160916-213946.jpegamarec20160918-121327.jpeg

錬金術での攻撃も可能。マップの中にあるオブジェクトは錬金術で、武器だったり固定武器(固定砲台とか)に変えることが出来て、それで攻撃も出来る感じ。レベルアップで錬金術攻撃も変化していく模様。
中間セーブポイントもあるけど、ステージ毎に敵キャラを倒して前へすすみ、最後にボスを倒せばステージクリアという方式。序盤は攻撃ボタン連打でもなんとかなる感じで、テキトーに遊べます。

キャラクター

ストーリー的には、リゼンブールで機械鎧の修理を済ませた後、中央に向かって乗った列車の中で、列車ジャックに合うというところから始まる本編のサイドストーリー。列車はジャックの際に脱線(エドのせいで)、徒歩で中央を目指すことに・・・でも、なんかそこら中に合成獣がウロウロしている。

amarec20160916-223458.jpeg

アルモニ・エイゼルシュタイン(CV:水樹奈々)
徒歩で中央に向かう途中で出会う少女。崖をよじ登って花を摘もうとして落下、エドの上に降ってきた少女を追いかけるところからストーリーが始まります。今作のヒロインらしい。

amarec20160918-152216.jpeg

カミラ(CV:沢海陽子)
序盤に合成獣を引き連れて、エドたちを襲わせるどこぞのホムンクルスのような女性。今んところ何にもわかりません。たぶんそこら中に合成獣がウロウロしてるのはこいつのせい。

ファーストレビュー

ステージにあるオブジェクトを錬金術で武器に変えたり、アルに指示を出して協力技を出したり色々出来るんですが、今のところ適当に攻撃ボタンでガチャガチャやってても倒せる感じ。回復アイテムも割とポンポン手に入るので、気軽に楽しめるアクションになってます。

amarec20160916-212944.jpeg

アニメシーンも結構頻繁に入ります。原作アニメ化が2003年10月からだったので、それに合わせて作られた作品という感じですか・・・アニメシーンは良くできてるんじゃないですかね。



PS2で発売されてる鋼の錬金術師のゲームは4本ほどありまして(ドリームカーニバル含む)、安かったのもあって最近全部購入しました。なんかキャラゲーとしては、評判も良さげだったのでさっそく始めてみました。今作はサイドストーリーのようですが、2は途中からオリジナルストーリーになるとか・・・まぁ、アニメ1期もオリジナルエンディングでしたからね。

ゲーム内で3Dで描かれたエドがめっちゃ小さくて笑えた。そういえば牛乳嫌いって設定でしたね・・・鋼錬読んでた頃は、荒川弘が農業高校出身の元農家なんて知らなかったわ―。
関連記事

category: Introduction

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sukebg.blog.fc2.com/tb.php/784-d28b91ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COUNTER

BLOG RANKING

COMMENTS +TB

SEARCH

NEW ENTRIES

RECENT ENTRIES

 

akasuke.gif
 author : すけふじ(プロフィール
 フレンド・相互リンクについては“このブログについて”をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。